タクシー配車アプリGrab

2019-2020の年末年始にタイプーケットとマレーシアKLに行きました。その際によく目にしたものに『Grab』があります。分かりやすく言うと東南アジア版UBERといったものです。マレーシアKL発祥らしくKLではGrab foodなるデリバリーサービスもありまさにUBER EATでした。アプリをダウンロードして利用しようとしましたが電話番号登録してSMS受信して登録する必要がありデータsimのため登録出来ませんでした。ただKLのホテルのスタッフのアプリを使ってKLIAまでの移動をお願いしました。普通の乗用車で女の子の運転手でしたが問題無く利用出来ました。帰国後早速アプリをダウンロードしました。

2019.11.14ヤオコー 川野幸夫

ヤオコー 母からの50の言葉
1,志高い企業理念を持っている
2,商いのコンセプト明確。
1890年創業
継がなかった。
理由
・卑屈な仕事(常にペコペコ)
・価値がない(市場から仕入れて並べるだけ)
流通革命
サプライチェーンの転換(メーカーから小売業へ)

成功する会社
・ビジョンが明確
・ビジョンが倫理的

#アドマイヤードカンパニー
「エクセレントカンパニー」

「おかげさまで」と言われる会社

商いのコンセプト
・物の無い時代→物の有り余る時代。
・十人一色→十人十色→一人十色

業態悪化の順番「よろずや」型スーパーの衰退。
百貨店→総合スーパー→食品スーパー
よろずや」=特徴の無い

スーパー分類
1,コモディティ  大衆商品(どこにもある) 売り場の真ん中 価格訴求
2,ライフスタイル こだわりの商品      売り場の廻り  価値訴求
ヤオコーは2を選んだ。
#個店経営
・小商圏 店舗によりニーズが異なる。→個店経営がベスト
・高頻度来店
本部の役割はお店の手助け。 コモディティ型は本部主導。
本社・本部=サポートセンター
チェーンのメリットを活かしながらの個店経営
「自分の意思で仕事時しか得られない」

HR summit2019③ 柔道 井上康生

明確な理念、明確な目標

自主性(自分を知ること 強さ・弱さ)
長所を伸ばす、短所を埋める。
・知識力 一見柔道に関係ない知識も大事 ex) 茶道
・感謝する気持ち 人間は感情で生きている。
強さとは  地力(基礎)+細部力(応用)
 一流と二流の違い「準備力」
進化とは  挑戦し続ける心。 一番になると失敗を恐れて挑戦しなくなる。

HR summit② 近藤 宣之 日本レーザー「皆が幸せに働きながら常に黒字を維持できる経営」

他責(人のせいにしない)

原則1:正しい人間を採用し、間違った人間を採用しない。なぜなら採用は億単位の人材投資。
徹底的に手間を掛ける、採用試験で性格診断する。素直、向上心を優先。
入社後6ヶ月は嘱託扱い。試用期間3ヶ月は意味がない。
原則2:安心できる環境を整える。安心できる環境とは?何があってもクビにならない事(身分保障)。そのために採用判断は重要。
 
#「優しい経営と成果主義
優しい経営=雇用を守る。成果により給与に差をつける。客観的評価(数字)を重要視する。
就業規則も必要あれば変更して良い。
#「透明性と納得性が重要」
「お前のために・・・」という指導は効果なし。
#コントロールセンター(トップダウン)はダメ!
トップは「任せる、責任取る」
ジョン・フォン・ノイマン「将来が見えないならば自分で作れば良い」

HR summit 2019① デービッド・アトキンソン 「日本人の勝算~大変革時代の生存戦略~」

HR summit 2019

デービッド・アトキンソン 小西美術工藝社社長
「日本人の勝算~大変革時代の生存戦略~」

ゴールドマン・サックス金融調査室長、『新・生産性立国論』『新・所得倍増論』『新・観光立国論』など執筆。
オックスフォード大で日本学学ぶ。流暢な日本語で語る。

日本GDP高い、生産性低い。潜在性は高い。
 生産性はイタリア、スペインと同じ、(英国人のデービット氏によるといつも寝ているラテン人と同じ)
#日本企業の謎
・世界第5位なのに生産性28位。
理由:日本では零細企業で働く人が圧倒的に多い。20人以下の零細企業=生産性低い。
規模が小さいと効率悪いため生産性下がる。(=規模の経済)
元凶:中小企業基本法によって保護されている。経営効率の悪い会社は淘汰されるべき。

国として小さい会社が潰れても失業者は増えない、社長の数が減るだけの話。
むしろ経営効率が良くなる。

生産性向上のための要因
アントレプレナーシップ (新しいことをやろうとする気持ち)
・技術革新ではない
 
#輸出産業の重要性。
生産性高い企業は輸出産業。輸出産業→高利益率→高給与→規模拡大
・観光は輸出産業。インバウンド
Q:韓国は財閥系大企業が多いけど良くない。
A:実は日本と同じで零細が非常に多い。
 
#分析・統計に基づく経営
 勘や経験はだめ! 科数字に基づく学的評価が大事。
 

坂村健 ITとAI

OS「Tron」開発者、坂村健氏の講演。

IOTの概念を80’sに発表した人物。

ICTの歴史

インターネットは当初軍事用。それを1988年に一般公開。

key word「As a Service: aaS」 物を売る→サービスを売る

  ex)自動車 MaaS

「Open化」データを公開。open Goverment 

エストニア 2000年からプログラミングを義務教育に導入。

→国民のマインドが変化。デジタル化に抵抗なし。

「オープン性に日本は遅れている。」

なぜ?「反対者が多い」「失敗を恐れすぎ。完璧主事。」

→ベストエフォート、「完璧でなくて良い!」

社会インフラは技術と制度で支える。

About Time~愛おしい時間について~

f:id:mariyuripapa:20190628212558p:plain

「Love Actually」のRichard Curtis監督作品。出演者も落ちぶれたロック歌手Billy Mackを演じたBill Nighyが主人公の父親役として出演しており全体的に似た雰囲気です。父親から一族の男はタイムトラベルの能力があると告げられた主人公が、「お金儲けでなく理想の人生を生きるために能力を使え」との父親からの忠告に従い、恋愛のためにその能力を使い理想の人生に気がつくという物語。

その中で最も印象に残るエピソードとして、父親から幸福の秘訣を伝授され「毎日を二度過ごせ。最初は普通に過ごし、二度目も同じように過ごせと言う。最初は緊張や不安のために世界の素晴らしさに気付かないが、二度目には楽しめる。」と言う。ティムはこの忠告に従い、一度目で後悔した行動を二度目には改善することで仕事も友情もより良きものになっていくそして最終的にタイムトラベルすることなく一度目の人生でも後悔しない生き方ができるようになるという事でした。

実際の人生には二度目はない。その時間の貴重さに気づかず毎日を惰性で過ごしてしまっている事が多い。一度しか無い人生を後悔無いように生きていきたいものです。